蒲田駅近くにある「らーめん潤」に行ってきました〜。
ここは、新潟県は燕市に本店があるラーメン店。のれんには「一麺入魂」の力強い文字が刻まれています。

ラーメン通の人は、「燕三条ラーメン」で分かるでしょう。
その特徴は、たっぷりの背脂と魚介・煮干の醤油スープ。
背脂の量は何も言わなければ標準(それでも多い)ですが、ガッツリいきたい人は、標準の4倍の鬼油まで選べます。
私は、背脂は標準、無料で玉ねぎを多めにしてもらいました。

中華そば760円。それがこちらです。
やはり、その背脂の量に圧倒されます。
丼の脇に背脂がはじけ飛んでます。
隣のお兄さんが「鬼油」を注文していたので、見てみたら、麺が背脂に埋もれていました。
クリスマス・シーズンだったので、生クリームが麺にのっかっているかと見紛うほどでした。

トッピングも特徴的ですね。
玉ねぎとチャーシュー、メンマ、そして岩のりです。
「岩のりラーメン」という人気メニューがあるように、岩のりは、ファンが多いトッピングです。
提供された時はパリパリの乾燥のりですが、これをスープに浸すと、コシのある岩のりに早変わり。
濃厚なスープとの相性も抜群です。

そして、もう一つの特徴が極太麺。
高度成長期の燕市の工場に大量の出前を届けるために、のびにくく、腹持ちの良い極太麺がつくられたそうです。
また、背脂も、出前でスープが冷めないようにこんもりと盛られたという説もあるそう。諸説アリ!

もちもちした麺が濃厚な魚介スープに絡んで最高です。
それに岩のりの風味と歯ごたえが加わり、遠く新潟の燕三条に思いを馳せます。

これはうまい!新潟やるな〜。お酒も美味しいしね。なんか行きたくなっちゃいました。
ごちそうさまでした、らーめん潤!
クリスマスの夜なのに、中華料理屋でラーメンとか餃子をバクバク食べるカップルにはいやらしさを感じる、というツイートがありましたが、そうなのかな?

まあ、勝負はしてないよね。もう出来上がったカップルなんでしょう。

勝負が決するまではフレンチとかイタリアンとかなんでしょうけど、ときが経てば、2人で好きな背脂ラーメンをすする。それもアリなんじゃないかと。

しかも、らーめん潤の鬼油を頼めば、クリスマス・ケーキみたいだし(苦笑)。

メリー・クリスマス・フォー・エブリワン!!