ワールドベースボールクラシック(WBC)2次プール初戦、応援に行ってきました!


場所は東京ドーム。
注目の日本ーオランダ戦は19時のプレイボールなのですが、この日はもう1試合、イスラエルーキューバ戦があります。
1枚のチケットで、2試合観れるのはお得ですね!

キューバも粘り強くて手強かったけど、何と言っても注目は、今大会のダークホース、イスラエル!
優勝候補の韓国や強豪の台湾を下し、堂々のプールA・1位通過。

なんでそんなに強いのかというと、みんなアメリカでプレーする大リーガーだから。
WBCは、本人がその国の出身でなくても、両親の1人が同国の生まれもしくは市民だといいんだって。

だからイスラエル代表は28人中27人が米国生まれのユダヤ系米国人。
しかもほとんどがメジャーリーガーもしくは傘下のマイナーリーグ経験者。ドラフト1巡で指名された選手が4人もいる!
そりゃ強いよね。

この日もネームでは圧倒的に格上のキューバ相手に、王者さながらの貫禄の試合運び。
キューバに1点先制されるものの、動じることなく、集中打で逆転。
そのリードを、鉄壁の守りと盤石の継投で守り抜きました。


観てて思ったのは、手堅い守りの野球に象徴される野球IQの高さ。
セカンドの華麗な守備に、キャッチャーの強肩。3点差に突き放すセイフティ・スクイズ。。。上手い!
みんな本場アメリカでならしてるから、基本が身体に染み付いてるのでしょう。

これは強敵です!
イスラエルなんてノーマークだったろうから、データもないだろうしね。
国の名前に騙されちゃいけません。このチームと戦うときは大リーグと戦うと思った方がいいでしょう。

韓国が破れて今ひとつ盛り上がりが欠けたWBC東京プールですが、台風の目イスラエルの登場で俄然面白くなってきました。

2試合目は侍ジャパンの登場!
閑散としていた1試合目とは打って変わって、スタンドはぎっしり。
歓声も凄まじい。みんな野球が好きなんだね!

さて試合ですが!!
残念ながら、今なお試合観戦中。熱戦ですね!
…こちらはスポーツニュース等で結果をご覧ください。

もちろん次戦キューバも重要な試合ですが、個人的にはイスラエル戦が俄然楽しみになってきした。
本戦に進めば、アメリカやドミニカ、プエルトリコなど、本物メジャーリーガーがたくさん待ち構えています。

世界一奪還に向けては、イスラエルとどんな戦いができるかが、一つの試金石になるかもしれません。

がんばれ、侍ジャパン!
世界一奪還に向けて駆け抜けろ!