その名は「井伊直虎」。
今をときめく大河ドラマ「おんな城主 井伊直虎」にゆかりの、静岡は浜松のお酒です。
静岡県産米を100%使用したこだわりの日本酒。
ラベルの赤色は、井伊家の象徴である赤備えをイメージしています。
ちなみに「おんな城主」ならぬ「おんな杜氏」ということで、この辺もこだわってるのかも。

その味は、淡麗辛口のキレのある日本酒。常温でもクイックイッといけます。

実は、大河ドラマに井伊直虎が起用されると決まってから、地元の有志で開発されたお酒。
乗っかっちゃった感じですが、静岡産へのこだわりなど、酒づくりへと思いは真剣です。
地元浜松の「花の舞酒造」が醸造蔵となり、オリジナルの日本酒がつくられました。
インパクトのある「井伊直虎」の文字は、井伊家の菩提寺龍潭寺の住職の筆によるもの。
ラベルには次のような記載がありました。

直虎は井伊家当主・井伊直盛の一人娘として生まれ、激動の時代に井伊家を守り、のちに徳川四天王となる直政を育てあげました。
井伊直虎をはじめ代々井伊家を祀る龍潭寺の第20代住職全裕師直筆の書をラベルにさせていただいた特別なお酒です。

大河ドラマ「おんな城主 井伊直虎」にかける地元の熱がたっぷりと込められた日本酒ですね。

ブームに乗った感は否めないですが、そんな批判をふっ飛ばすキレのある旨味。
これなら「おんな城主」直虎も満足でしょう。

ごちそうさまでした、純米吟醸「井伊直虎」!